BCD436HPでDMRやNXDNが受信できるようにアップグレードする方法
受信生活
  1. トップ
  2. 受信機等レビュー
  3. BCD436HPでDMRやNXDNが受信できるようにアップグレードする方法

BCD436HPでDMRやNXDNが受信できるようにアップグレードする方法

UnidenのデジタルスキャナーBCD436HPは現在有料でPROVOICE、DMR、NXDNのアップグレードに対応しています。PROVOICEは日本で導入しているところはないと思うので、DMRとNXDNのアップグレードをやってみました。

アップグレードで何が聞こえるようになるか?

BCD436HPで報道連絡波を受信したところ「NX4」と表示

結論から言うと、DMRは普通に受信できます。DMRのトランキングにも対応しています。
しかしNXDNはというと、DCR、報道、国交省、FSKタクシーで試してみましたがダメっぽいです。

唯一民放の報道を受信したときに、右下に見慣れない「NX4」という表示が出ましたが、音声ではなくノイズしか出ません。他のものについてはこのような表示すら出ていません。

また過去に一度だけとあるデジ簡局が復調できたのですが、後にも先にもこのときだけでした。

一般業務でF1Eとなっているものは試したことがないので、聞こえるかもしれませんがわかりません。

アップグレードのやりかた

日本ユーザーはUnidenサイトではアップグレードできない

通常ですと公式サイトからアップグレードをするのが普通でしょう。しかしUnidenは日本ユーザーを相手にしておらず公式サイトからはアップグレードできません。
正確にいうと決済までは進めるのですが、そこで日本のクレジットカードを使うと拒否されるのでアップデートできないという仕組みです。

ScannerMaster経由なら日本ユーザーでもアップグレードできる

値段は高くなってしまうのですが(公式サイトで$60のところ$75)、ScannerMasterという販売サイト経由ならアップグレード可能です。

上のリンクを開くと、下記のような画面が出てくるので、スキャナーの機種とどれをアップグレードするか選びます。

ScannerMasterのDMR等アップグレード購入画面

また自分のBCD436HPでESNとChecksumというものを調べて入力しないといけません。

ESNとChecksumの調べ方

BCD436HPでESNとChecksumを表示させたところ

ESNとChecksumの調べ方は

  1. スキャナのメニューを開く
  2. 一番下のSettingを選択
  3. 一番下のSee Scanner Informationを選択
  4. Firmware Versionを選択
  5. 左記のような画面になる。上から3行目のSN37626058******のうち下9ケタ(左記画像だと「058******」)がESN
  6. 4ケタ目のSUM=***の3ケタがChecksum

というものです。正直、わかりにくいです。

購入すると解除キーがメールでくる

ScannerMasterからくる無愛想なメール

あとは普通にクレジットカードで決済します。ScannerMasterでは日本のカードでも大丈夫です。
購入しても自動応答メールなどの音沙汰はなにもありません。不安になっていると、翌日くらいに左記画像のような無愛想極まりないメールがきます。
このメールに記載されているキーがアップグレードに必要な解除キーです。

本体のアップグレード

センチネルソフトを最新版に

まず、センチネルソフトが最新版か確認しましょう。

BCDx36HPSentinel

ファームウェアアップデート

NXDNアップデート時に出てきたポップアップBCD436HPのアンマウント

最新版であることを確認したあとで、スキャナをつないでファームウェアアップデートをかけます。
私の場合、NXDNをアップデートするときに左記画面のようなポップアップが出てきました。DMRのときにはこの画面は出ませんでした。


この画面の意味は「ケーブルは抜かずに、いったんUSB接続をアンマウントして、電源キーを押し続けてください、そうしたらアップデートが完了します」というものです。
画面右下からアンマウントしてアップデートを完了させましょう。

解除キーの入力

  1. メニューを開く
  2. 一番下のSettingを開く
  3. 上から3番目のUpgradeを開く
  4. 自分が購入したアップグレードの種類を選択する。
  5. 解除キーの入力画面になるのでメールできた解除キーを入力する

これで完了です。